5th International PatentSight Summit

Onlineによる5名の講演者と4特許庁によるパネルセッションが行われました。ご興味のある方はこちらのリンクよりご視聴ください。(英語のみ)

https://www.patentsight.com/summit-may-2020-online-sessions

 

GettyImages-965451234

調査レポート

AI開発のグローバル展開について深読みしてみる

資料をご希望の方は、下記に必要項目をご記入の上Submitをクリックしてください。

Request the Study

人工知能の特許ランドスケープ

グローバル開発、応用分野、イノベーションと世界クラスの研究を推進する要因

この調査レポートは、スイス連邦知的財産研究所とグローバル特許アナリティクス・ソリューションのプロバイダーであるPatentSightと協力してスイス企業のEconSight社が作成したものです。

調査の主な目的は、人工知能(AI)技術の開発を定義することです。この分野についての既存の調査は、AIの包括的かつ詳細の定義、テクノロジーの範囲、様々なサブ・テクノロジーについての深い理解が欠けていました。この分野の広い範囲に該当する多くのサブ・テクノロジーの開発の経過を前年比しながら深く掘り下げるために特許分析が使用されました。 PatentSightは調査に必要なデータとツールを提供しました。ソフトウェアを使い、AIの特定テクノロジー分野の特許を分析しました。これらの結果は、この研究レポートで紹介され解説されています。

3つの主要なサブ・テクノロジーの開発、すなわち、機械学習、ニューラルネットワーク、ディープラーニングの開発は、それぞれのテクノロジー・クラスで世界中に出願された特許のデータを使い詳細に分析されています。調査レポートは、この分野の詳細な理解、現在の開発段階、様々な国におけるAIテクノロジーの取り組みに関する概要も提供しています。