研究開発戦略

  • 研究開発戦略の比較
  • 知財戦略とビジネス戦略を結びつける
  • 新規参入企業や共同開発パートナーを見出す
R&D Strategy - top R&D locations.png

 

優れた研究開発戦略は、テクノロジーを主力としたすべての企業のイノベーションを改善させる鍵となっています。
 

特許専門家のインサイトで、経営者の決断をサポート

研究開発戦略は明確に定義されていないかビジネス戦略からかけ離れていることが多くあります。また、知財部や特許部は研究開発戦略の中核を担う組織ではなく、分離された組織と考えられ事務的な作業を中心とする組織と見做されている場合があります。PatentSightのアナリティクスにより、知財部は付加価値サービスを提供するプロフィットセンターとして位置づけられるようになり、イノベーションを促進してビジネス戦略への重要な貢献を果たす部門と成りえるのです。 

研究開発戦略を立案する際の第一歩は、現状とUSP(ユニーク・セリング・ポイント)やギャップを把握するための競合とのベンチマーキングです。 PatentSightのアナリティックス・プラットフォーム により、クリックするだけで時間の流れに沿った特許件数と質の両方で、迅速に競合と比較した特許ポートフォリオの業績状況を社内で共有することができます。これはほんの始まりです。PatentSightでデータの切り口を変えて詳細に深く掘り下げていくことは簡単で、研究開発戦略の具体的な活動をより向上させます。 
学術的に検証されビジネス界で実証されたPatent Asset Index™の手法はブラックボックスではありません。特許知識がなくても迅速に理解でき、知財部と上級管理職とのコミュニケーションを簡単にします。

貴社の課題は何ですか?

様々な業界で豊富な研究開発戦略の経験を持つ当社の専門家が、貴社の直面している課題解決のお手伝いをさせていただきます。

お問い合わせください

解決策をご提案します

我々が関わったプロジェクトには共通点があります。特許ポートフォリオについてお客様が予見されていなかった重要なインサイトをご提供していることです。

お問い合わせください

ご提案します

 

貴社の特許ポートフォリオを客観的にご覧になりませんか?

新しい視点から貴社の市場における位置付けや他社との関係性をご覧いただけます。

ご連絡ください