M & A

  • 買収ターゲットを見出す
  • 買収ターゲットと自社技術の整合性を分析する
  • 価値ある特許や重要な知財の課題を見出す
M&A and Due Diligence - IPC by cited company.png

 

PatentSightのアナリティックス・プラットフォームを使うことで、世界中のテクノロジー・ランドスケープを体系的に検査し、その結果うってつけな買収ターゲット案を得ることができます。また、御社を競争優位の立場におくパートナー候補案も得ることができます。ターゲット企業のリストがそろった時点で、それらの企業が御社にもたらす価値を十分に理解するための詳細なポートフォリオの検討が可能になります。

ターゲット企業の特許ポートフォリオは資産なのか負債なのか?

買収ターゲット企業の特許ポートフォリオは潜在的な価値あるいはリスクとして評価することができます。Patent Asset Index™ により、特許の質に注目することが可能となり、それぞれの分野における個々の企業の真の強さが明らかにされ、とりわけ注目すべき重要特許を見出すことが可能となります。ターゲット企業は競合に依存しているようでしょうか?訴訟をおこす可能性がありそうでしょうか?ターゲット企業は業界に影響を与えるようなIPを持っているでしょうか?ある特定企業が興味を持つ技術であるのでしょうか?これらの質問に答えることが重要な知財の課題の解明となりますし、買収による予期せぬ利益によりバランスシート上をはるかに超えた結果になる可能性があります。 世界におけるターゲット企業のポートフォリオのリーガル・ステータスを検証する能力がなければ、評価は完全ではありません。 PatentSightのアナリティクスプラットフォームを使えば、これらへの回答やどうしても知りたい疑問への回答に、数回のクリックで到達することができます。

貴社の課題は何ですか?

様々な業界で豊富なM&Aの経験を持つ当社の専門家が、貴社の直面している課題解決のお手伝いをさせていただきます。

お問い合わせください

解決策をご提案します

我々が関わったプロジェクトには共通点があります。特許ポートフォリオについてお客様が予見されていなかった重要なインサイトをご提供していることです。

お問い合わせください

ご提案します

 

貴社の特許ポートフォリオを客観的にご覧になりませんか?

新しい視点から貴社の市場における位置付けや他社との関係性をご覧いただけます。

ご連絡ください