LOGIN
お問い合わせ

5th International PatentSight Summit

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、Web形式での開催を検討しております。詳細は決まり次第、公開いたします。

 

メニュー
LOGIN
お問い合わせ

リスク アセスメント

企業の知的財産部門の担当者は、常に考慮すべき様々なリスクを抱えています。次のようなリスクを軽減するには、かなりの時間と労力がかかります。

  • 新進気鋭の競合他社に気が付いていない
  • 重要な技術トレンドを見逃している
  • NPEからの脅威
  •  特許の侵害、特にSEP
Risk Assessment

「我々が実施した検証調査で、PatentSightが素早く破壊的テクノロジーを発見してくれたことがわかりました」

特許分析のヘッド 
主要石油会社

 

ビジネスと知財部門に悪影響を及ぼす可能性のあるリスクを適切に軽減します。

コア技術分野への競合他社の参入を誤って判断したり、気が付かなかったり、重要なトレンドを見落としたり、誤った決定を下したりすると、かなりの損害を引き起こす可能性があります。

最近の技術分野および将来の技術分野で競合他社を追跡する

GEが3Dプリンティングの技術分野で行ったように、御社のコア技術分野の1つにおいて、競合他社が過去5年間に積極的に出願して最大のポートフォリオを構築していると想像してください。 LexisNexis PatentSightは、出願の詳細を簡単に特定することに役立ちます。

GEのポートフォリオがアディティブ・マニュファクチャリング(3Dプリンティング)の技術分野で出願を増やしていることをご覧ください。

PatentSight competitor monitoring

 

 
 

 

最新のテクノロジートレンドの把握

市場に参入する新しい企業を早期に見出します。 以下の例をご覧になり、Appleがどのように腕時計市場に参入し、その後すぐに市場を破壊したかをご覧ください。 PatentSightを使用すると、あらゆる技術分野での展開を常に追跡できます。

Appleが腕時計市場を占拠するのをご覧ください。

PatentSight trendscouting neu

 

 
 

 

御社のテクノロジー領域にあるNPEを見つけ出す

NPEは、ビジネス全体にとって脅威になる可能性があります。 特にNPEが所有し頻繁に引用される特許は、引用企業にとって潜在的な脅威となる可能性があります。.

  • PatentSight独自の検索フィルターにより、NPEを迅速に識別し、その特許ポートフォリオのサイズ、フォーカス、重要性を評価します。

Identify NPEs in your technology field

 

  • 主要技術に最も関連性の高い先行技術となっているNPEを明らかにします。

Determine NPE patents that represent prior art technology

 

  • 次に、PatentSightをワンクリックするだけで、関連するすべての特許の詳細をドリルダウンできます。

PatentSight patent result list

 

競争環境における最大のSEP保有者を特定する

これらのSEPは主に少数の企業グループによって保有されているか、それともより多様な企業に保有されているのか? SEPに基づいて取引している企業をすばやく特定します。

Identify the biggest SEP holders

 
 

高度なアナリティクスの専門知識の詳細についてお尋ねください

ご質問をお受けします。

お客様が直面している課題に一緒に取り組み、お客様の成功をサポートします。



答えをもっています!

当社がお手伝いしたすべてのプロジェクトには共通点が1つあります。テクノロジー、トレンド、競争環境、特許ポートフォリオ等に関する知られていなかった貴重なインサイトでお客様を驚かせることです。



Business Intelligence Software

ビジネス インテリジェンス  ソフトウエア

パワフルで使いやすいアナリティクス・プラットフォームの優れた点を活かし、トップマネジメントや専門家に、様々なアプリケーションでわかりやすく迅速な答えを提供します。

PatentSight Data Quality

優れたデータのクオリティ

高度に構造化され一貫性があり名寄せされたPatentSightのデータを使うことで、課題の分析結果と価値あるインサイトを得ることができます。


WH4_0572-2

カスタマー サクセス


特許アナリティクスサービスのすべての利点を得ていただくために、御社プロジェクトをいつでもサポートできる担当者にお気軽にご相談ください。