今日、特許分析を事業や経営に戦略的に活用しようとする動きが、多くの企業で実践的に始まり、その成果が現れてきています。そのような中、弊社PatentSightドイツ本社で毎年開催されているユーザ会「PatentSight Summit」が、今年は日本でも「PatentSight Summit Tokyo 2019」として開催される運びとなりました。

 今回のSummitでは、「経営に活かす戦略的な知財情報の活用」をテーマに、シーメンス本社知財戦略部長のアンドレアス・ミュラー氏をはじめ、国内のユーザ様から大変興味深いご講演をいただきます。また、「技術力に勝る日本が、なぜ事業で負けるのか」の著書で著名なNPO法人産学連携推進機構 理事長 妹尾堅一郎様と、弊社の特許価値指数Patent Asset Indexの考案者であるPatentSight社創業者のホルガー・エルンスト教授(独WHUビジネススクール)の講演も予定しております。

 

本Summitを通して、ご出席される皆様に、新たな知見をご提供できることを願っております。

弊社スタッフ一同、皆様のご来場を心よりお待ちいたしております。

 

株式会社PatentSight Japan

代表取締役社長 齋藤昭宏

OnarimonTower_01

 font-awesome_4-7-0_bar-chart_250_0_0093d3_none

 

先進企業による活用事例

 font-awesome_4-7-0_group_250_0_0093d3_none

 

基調講演

 

font-awesome_4-7-0_comments-o_250_0_0093d3_none

 

ユーザ様同士の情報交換

 

font-awesome_4-7-0_desktop_250_0_0093d3_none

 

最新の分析機能活用情報

基調講演

  • 産業パラダイムの大変容  〜ビジネスモデルの変容と多様化の背景を探る〜

    • 妹尾堅一郎 氏
      NPO
      法人 産学連携推進機構 理事長
       
  • イノベーションにおける知財情報の役割
    • Prof. Dr. Holger Ernst
      Chair for Technology and Innovation Management
      WHU - Otto Beisheim School of Management
      PatentSight創業者

主なご登壇企業・ご登壇者

知財戦略に特許分析を活用されている方々にご登壇頂き、知財活用に関するお話をいただきます。

  • 独シーメンスAG:Andreas Müller 氏
  • 株式会社リコー:石島 尚 氏
  • 旭化成株式会社:中村 栄 氏
  • 本田技研工業株式会社:日向寺 勲 氏
  • PLASDOCオンライン研究会 橋本 武彦 氏

開催概要

2019年7月5日(金) 10:00 ~ 17:00
ベルサール御成門タワー 3階
参加費無料

PatentSight Summit Tokyo 2019


~ 基調講演 ~

 

Senoh Final
妹尾 堅一郎

理事長、NPO法人 産学連携推進機構 

 
 

特定非営利活動法人 産学連携推進機構 理事長

慶應義塾大学経済学部卒業後、富士写真フイルム株式会社勤務を経て、英国国立ランカスター大学経営大学院博士課程満期退学。産業能率大学助教授、慶應義塾大学大学院教授、東京大学先端科学技術研究センター特任教授、九州大学客員教授、一橋大学大学院MBA客員教授等を歴任して現職。現在も東京大学で大学院生や社会人を指導。
また企業のインハウストレーニングやコンサルテーションを通じて、イノベーション、ビジネスモ
デルと知財マネジメント等に関する指導等を行っている。
CIEC
(コンピュータ利用教育学会)前会長。
日本知財学会理事。研究・イノベーション学会参与(前副会長)。
内閣知的財産戦略本部専門調査会前会長、農水省技術会議前議員ほか、省庁委員や大手企業役員を兼務。
著訳書多数。中でもベストセラーになった『技術力で勝る日本が、なぜ事業で負ける20097月発行)。
最新刊は、『プラットフォーム・レボリューション』(監訳:ダイヤモンド社、20188月発行)。
また、実践面では、秋葉原の再開発プロデュース等で著名。

Prof. Holger Ernst_background_170x250
Prof. Dr. Holger Ernst
Chair for Technology and Innovation Management
WHU - Otto Beisheim School of Management
PatentSight創業者
 

ホルガ―・エルンスト教授は、テクノロジー&イノベーションを専門とするドイツのバレンダールにあるWHU - Otto Beisheim経営大学院の教授。彼はドイツのキール大学とアメリカのイリノイ州立大学で経営学を学ぶ。ドイツのキール大学にて経営学の学位(1992年)と博士号(1996年)を取得。さらにHabilitation(大学教授資格)(2001)を取得。Ernst教授は、米国ノースウェスタン大学のケロッグ経営大学院の客員教授であり、テクノロジー&イノベーションセンターのメンバー。オーストラリアのメルボルン大学のメルボルン・ビジネススクールの名誉教授および主席研究員。Ernst教授は、2009年から2011年の間にドイツ、オーストリア、スイスのビジネススクール教授協会のテクノロジー、イノベーション、アントレプレナー部門の会長を務めた。

Ernst教授の研究分野は、戦略、イノベーション、技術の商業化、新製品開発および知的財産の分野。Marketing Journal, Marketing Science Academy Journal, Product Innovation Management Journal, California Management Review, MIT Sloan Management Review, IEEE Transactions on Engineering Management, R&D Management, Research Policy, Small Business Economicsなどの主要な国際ジャーナルに掲載している。 Ernst教授は、複数の最優秀博士論文賞、最優秀学術論文賞、その他の研究の受賞をしている。 Journal of Product Innovation ManagementおよびCreativity and Innovation Managementの編集委員も務めている。

PatentSight社の創業メンバーの一人。



~ 先進企業様からの特許分析事例紹介~ 

(順不同)

  • Purpose of Patent Analysis at Siemens    ー 独シーメンス社   アンドレアス・ミュラー  氏
  • リコーにおけるIPランドスケープと戦略への活用  ー 株式会社リコー 石島 尚 氏
  • IPランドスケープdeコネクト           ー 旭化成株式会社 中村 栄 氏
  • Hondaにおける知財情報の活用          ー 本田技研工業株式会社  日向寺 勲 氏
  • 経営デザインのための情報調査・解析と      ー PLASDOCオンライン研究会 橋本 武彦 氏                                         特許価値評価ツールの活用
石島さん
石島 尚 
株式会社リコー
理事 知的財産本部 知的財産戦略センター所長
 
「リコーにおけるIPランドスケープと戦略への活用」
 

リコー入社後、特許部に配属され、複写機・プリンタの特許出願、権利化を担当。1998年から2001年まで、米国NJ州の現地法人に特許駐在員として派遣され、米国での知財管理体制の立上げを行う。帰国後、特許出願・権利化業務のマネージメント、2011年より渉外業務のマネージメントに従事、2014年理事に就任し現在に至る。

Speaker Asahi Kasei - Sakae Nakamura
中村 栄 
旭化成株式会社
研究・開発本部 知的財産部長 プリンシパルエキスパート
 
「IPランドスケープdeコネクト
 

1985年旭化成株式会社入社、研究所勤務の後、1989年より知的財産部勤務。1998年に組織された旭化成グループ全社の技術情報調査セクションの責任者を経て201810月より現職。201710月に旭化成グループのプリンシパルエキスパートに任命される。2016年度Japio特許情報普及活動功労者表彰 特許庁長官賞「特許情報人材育成功労者」を受賞。

3A_Mueller_weißer Hintergrund 2
Andreas Müller

Siemens A. G.

Head of IP Strategy, Corporate Technology
Intellectual Property, IP Strategy

「Purpose of Patent Analysis at Siemens」

 Andreas Müller (アンドレアス・ミュラー)はドイツのジーゲンで電気工学を学び、ディプロマを取得。 彼は1987年にシーメンス社でキャリアをスタートした。2002年にシーメンス社の知的財産部門に配属される前は、いくつかのシーメンス・グループでレーダーシステムおよびソフトウェアの開発者、研究開発プロジェクト・マネージャ、ビジネス開発者およびセールス・マネージャとして勤務。 10年以上前から、シーメンス社の知的財産戦略を担当している。

side small

日向寺 勲

本田技研工業株式会社

知的財産・標準化統括部、コーポレート知的財産部長

「Hondaにおける知財情報の活用」
 

1986年に本田技研に入社し、研究所の特許部門にて、四輪の特許実務に従事。2010年からは、特許部門長。

2014年から本田技研(中国)の知財部長(北京、広州)として、中国知財を統括。

2017年から㈱ホンダテクノフォートに出向し、知財・IT事業室長として、知財部門を立上げ。

2019年4月より、現職にて統括部のコーポレート機能を統括。

edited IMG_6120 Mr. Hashimoto

橋本 武彦

PLASDOCオンライン研究会

「経営デザインのための情報調査・解析と特許価値評価ツールの活用」

PLASDOCオンライン研究会

知的財産情報の調査、分析、管理に関する手法や最新ツールについて検討している。 会員は現在、化学メーカーを中心に12社が参画している。
毎年6月~翌年5月までの1年間を活動期間として 月1回のワーキングでメンバー全員が集合し、知財業務に関する日常業務の困りごとや関心事を活動テーマとして取り上げ、多様な視点からの意見を出し合い、テーマを進めている。
また、ディスカッションの中から様々な検索手法やツールの特色を学ぶ場ともなっており、メンバー各人の研鑽の場ともなっている。

 

橋本武彦

住友化学株式会社入社後、筑波研究所(現 先端材料開発研究所)において知財情報を中心に情報検索業務に従事。現在、先端材料開発研究所において、パテントクリアランス、先行技術調査などの検索業務のほか、特許分析業務など知財情報に関する業務全般を担当。PLASDOCオンライン研究会には2000年代前半から参画し、高分子分野を中心に化合物の検索手法の検討をはじめ、アジア各国特許の調査手法や、各社から提供されている知財情報データベースの検証にも精力的に取り組んでいる。


アジェンダとスケジュール

(スケジュールおよび内容は変更となる可能性がございます)

 

2019年7月5日(金)

時間

プログラム

発表者

AM

9:30 - 10:00

受付

 

10:00 - 10:15

ご挨拶

株式会社PatentSight Japan 齋藤昭宏

 

10:15 -

12:00

【基調講演】

産業パラダイムの大変容

〜ビジネスモデルの変容と多様化の背景を探る〜

 

 イノベーションにおける知財情報の役割 (同時通訳)

 

妹尾堅一郎

 

Holger Ernst

 

12:00 - 13:00

昼食休憩

 

PM    

13:00 - 14:45

【特許分析事例紹介】

  • Purpose of Patent Analysis at Siemens(同時通訳)
  • リコーにおけるIPランドスケープと戦略への活用
  • IPランドスケープdeコネクト

 

シーメンス社 アンドレアス・ミュラー

株式会社リコー 石島 尚  

旭化成株式会社 中村 栄  

14:45- 15:00

休憩

 

15:00 - 16:30

【特許分析事例紹介】

  • 経営デザインのための情報調査・解析と特許価値評価ツールの活用

  • シミラリティサーチを活用した新規用途探索、富士フィルムのヘルスケア事業参入
  • Hondaにおける知財情報の活用

 

 

PLASDOCオンライン研究会 橋本 武彦 

 

 

PatentSight Japan ベルクマン出雲

 

本田技研工業株式会社 日向寺 勲 

16:30 - 17:00

PatentSight製品ロードマップ

クロージングのご挨拶

PatentSight GmbH  

PatentSight Japan

  

懇親会のご案内

Summit終了後、17:30より懇親会を開催いたします。(終了は19:30)

日時 2019/7/5(金) 17:30~19:30
場所 ベルサール御成門タワー 4F
(立食形式のパーティとなります)
会費 PatentSightユーザー企業の方:無料
PatentSightユーザー企業以外の方:5,000円

 

 
会場

ベルサール御成門タワー

 〒105-0011  東京都港区芝公園1-1-1 住友不動産御成門タワー3F

 

JR線・東京モノレール

  • 浜松町駅北口より徒歩11分

地下鉄

  • 三田線: 御成門駅 出口A3b 真上
  • 大江戸線・浅草線: 大門駅A6出口より徒歩6分
  • 日比谷線: 神谷町駅3番出口より徒歩9分

!! SAVE THE DATE !!

PatentSight Summit Tokyo 2020

2020年6月10日(水) ベルサール御成門タワー(予定)